メガネに関する情報が満載!

ワタシのメガネ

薄型非球面レンズのメガネが定額で作れる時代

技術レベルが向上して、最近はどんな度の強いメガネでも薄型非球面レンズにすることができます。
これによって、視力がとても悪い人でも分厚いメガネをかけなくてもよくなりました。
見た目が野暮ったくなることがないので最高です。
女性でもおしゃれな外見になることができるので、仕事や恋愛のシーンでも邪魔になることがありません。
むしろチャームポイントとして活用できるのではないでしょうか。
しかもそういったものでも、定額で作ってもらうことができ、追加料金が一切必要なかったりするのでお買い得感が強いです。
数千円で度の強い薄型眼鏡も作成可能ですから、ファッションアイテムとしてフル活用できる時代です。
洋服の色に合わせてフレームを変更したりすると、眼鏡の生活もより一層楽しむことができます。
軽くて丈夫で、しっかりと見える眼鏡を三十分程度で作ってもらえるのでありがたい時代になったものです。
昔なら薄型の非球面レンズは数万円していました。

細身のメガネにも合う薄型レンズの特性は

近視用メガネは利用する人の視力にもよりますが、一般的にレンズの厚みを増さないと満足な度数を得られないケースが多く、必然的に視力が弱い人は大変レンズが厚いものとなってしまいます。
この傾向は値段がリーズナブルなレンズである程顕著で、もう少しグレードの高いレンズであればその構造上ある程度は薄型に出来、軽量で細身のフレームにもぴったりマッチする様になってきます。
特に非球面レンズと呼ばれるタイプはレンズ周辺部の歪みを大きく改善しより平面的にレンズが仕上がっており、度数による事無くレンズ全体の厚さをかなり薄くする事に成功しています。
レンズの素材は現在ガラス製とプラスチック製があり、薄型のレンズには共に採用されています。
プラスチック製は安価な一方強度面でやや不安を残す一方、ガラス製は丈夫で傷付き難い半面効果で若干重いといったデメリットがあります。
尚薄型レンズを選ぶ人は強度を優先し、ガラス製を選ぶ人がやや多くなっています。

pickup

外構 岐阜

2018/10/26 更新