メガネに関する情報が満載!

ワタシのメガネ

メガネで顔の印象が変わるのをファッションに利用すると吉

顔の印象は、メガネによって大きく左右されます。
黒縁のものにするか、フレームのないタイプにするかで、相手に与える印象はずいぶん変わるものです。
フレームの色にも気を使わなくてはなりませんから、メガネを選ぶのはそれほど簡単なことではありません。
最近はしかし、メガネも安く作ることができますから、さまざまなデザインのものを複数用意しておくことが楽になりました。
一つ数千円で作ることが可能ですから、帽子などと同じようにファッションに合わせて臨機応変に選択することができます。
その日の気分によって変更したりすれば、毎日違う印象を与えることができて便利です。
男性でも女性でも、自分を演出することのできるオシャレアイテムとして使えますから、最近は視力が悪くない人でも伊達眼鏡をかけていたりします。
昔は眼鏡はダサいというイメージしかありませんでしたが、低価格化とともにカジュアル化して、おしゃれなものに変化しているのです。

メガネが人に与える「いい印象」「悪い印象」

今や度の入っていない伊達メガネも登場するなどオシャレにも積極的に取り入れられているメガネではありますが、人にどんな印象を与えるのでしょうか?まず、思いつくのは知的というイメージで小説やドラマ、漫画において知的なキャラクターが着用している場合も多く人々の中にそんな方程式を作ってしまっているのでしょう。
また顔の余白を埋める効果があり物足りなさを解消してくれ、ルックスに関してもカヴァーしてくれるというメリットがあります。
それでは逆にデメリットとはなんでしょうか。
メリットで挙げた知性と関連して頭が良さそうに見えて敬遠されたり冷たさやキツさを人に与えることが考えられます。
またガリ勉といったような固定概念も少なからず存在しますし、オシャレに気を使わない人なのかなと思われる可能性もあります。
つまり、メガネをかける時は人に好印象を与えることができるような自分に似合ったものを吟味し選ぶ必要があると言えます。

おすすめWEBサイト 5選

埼玉対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式

Last update:2018/8/9